音楽 音楽な日々

エレクトーン用シューズを探して

先日、柊の先生から

音楽の先生
エレクトーン用のシューズを用意してください

と言われました。そのお話を聞いて、エレクトーン専攻のお友達がいつもシューズを持ってきていることを思い出しました。

柊はエレクトーン専攻ではないので今回のJOCでエレクトーンを弾く以外に特に予定はなく。来年以降のJOCも柊がエレクトーンで!と言えば機会があるかなぁという感じなのですが、先生のお話ではそれでもやはり用意した方がよいとのことでした。あるのとないのでは弾きやすさが全く違うので、普段の練習でもシューズを履く方がよいです、と。

エレクトーン人口はそれなりにいると思うので「エレクトーン用のシューズ」というのがあると(ヤマハで売ってたりするのかと)思い込んでいたのですが、先生にお聞きしたらそういうものはないとのお返事。皆それぞれで探してきているけれど、男の子は選択肢が少ないかも…と仰っていました。

後日、同じグループのエレクトーン専攻のお友達に聞いてみたらひとりがルームシューズ、もうひとりはバレエシューズ(バレエを習っているのでそれを利用とのこと)でした。

その後ネットで調べてみると、ジャズダンス用のシューズやバレエシューズを利用している人が多く、エレクトーン奏者向けにシューズを制作しているお店もあることが分かりました。価格はバレエシューズはお手頃、ジャズダンス用シューズはそれより少し高価、エレクトーン奏者向けのものはさらに高価、という感じ。

大人ならともかく、これからまだサイズが変わっていく(そしてピアノ専攻なので日々使うわけでもない)のにあまり高価なものもなぁと思い、検索をバレエシューズとジャズダンス用シューズに絞ってさらに調べてみました。

いくつかの候補がありましたが、Chacottというバレエ用品のお店が買いに行けそうな距離にあったので行ってみることにしました。お店に行く前に問い合わせてみたら、エレクトーン用にシューズを購入していく人がときどきいるそうで、話がすぐに通じました。

お店に行き、ジャズダンス用シューズとバレエシューズの布製と前皮製を試し履きさせて貰うと

バレエシューズの方がいい

と言うので、バレエシューズに決定。お店の人に聞いたら布製より前皮製を購入していく人が多いとのことでした。舞台で履くことを考えてもその方がいいかなぁと前皮製のものを購入しました。

購入したのはこちらの黒色タイプです。
帰宅後早速シューズを履いて弾いてみた柊に感想を聞くと

履いてる方が弾きやすい

と言っていました。
その後少し使ってみた柊が気に入ったようなので、本番の舞台はもちろん普段レッスンを受けている部屋も土足なので、もう1足同じものを購入して家用と外用と分けることにしました。

ということで柊のエレクトーン用のシューズは無事見つかりました。これで後は本人に頑張ってもらうのみです🎹

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, 音楽な日々
-,

© 2020 Luonto Project