音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【JOC】ジュニアオリジナルコンサート2019:J専5(新6)&J専1年目

JUNIOR ORIGINAL CONCERT

今年は陽が初めてのJOC、そして私まで参加することになり…色々思い出深い年になりました。

陽、初参加のJOC

まずは初参加の陽から。新幹線、特にE7系かがやきが大好きな陽。

専門コースになったら電車の曲を作りたい!

と幼児科の頃から話していて、JOCで使いたいモチーフも既に温めていました🚄

イメージも色々あるようで、曲のストーリーと最初のメロディは順調でした。構成も柊がアイディアを一緒に出したり話したりしていたこともあり、早い段階で具体的になっていました。

苦戦したのはやっぱりリズムとハーモニー。エレクトーンに入っているたくさんのリズムパターン。順に聴いていってもなかなかこれ、と決めることは難しく。
和音についてもレッスンで登場しないものはやはりパッと思い浮かぶわけもなく。時間もあまりない中、先生にだいぶ助けて頂きながらなんとか完成でした。

もちろん弾く方も大変。発表会でひとつ弾いているものの、普段レッスンで弾く曲とは長さも難易度も全く違うので…何度も挫けつつ頑張っていました。

そして…ピアノと違って親が考えなければならないのが衣装。今回は電車の曲なので、陽が憧れる電車の運転手さん風がいいかなと色々検索。小物を買ったり手持ちの柊のおさがりを使ってなんとかそれっぽく完成しました。
陽に見せるとパッと顔が明るくなって大喜び✨
本番が近づき…なかなか弾き込みが進まないところだったので、衣装で少し元気が出てよかったです✨

本番は緊張気味で一生懸命頑張っていました。
家ではノリノリで弾く陽ですが、やっぱり本番となるとまだまだ固くなってしまうようです。経験を重ねれば慣れてくるかな?終わった後のお辞儀も緊張した様子で、退場するときも終わった💨って感じでササッと袖に消えていきました💦

緊張しながらも演奏はよかったと思います。
練習したことを思い出して一生懸命弾いている姿に成長を感じました🍀

柊と私の初アンサンブル

柊の方は初めてのアンサンブル曲。

トランペットとピアノの曲を作ってお母さんとJOCに出る!

と宣言されたときにはどうなるかと思いましたが…無事本番を終えることができて、とてもホッとしています💦

柊は毎月の作曲レッスンと通常レッスンで作曲を進め、私はできたところまで持って何度かトランペットレッスンへ。私のトランペットの先生が合わせについても見てくださり、柊も一緒にレッスンに行って弾いたりもしました。

高校までずっと吹奏楽部で毎日ガッツリ部活な日々を送っていたものの、その後のブランクは20年。ですが柊も柊の作曲の先生もその辺りを考慮して作曲をしてくれそうになく(←曲としてこの方がいい、と思うと奏者の事情はあまり考えてくれないタイプ💧)その辺もハラハラでした💧

まあとにかく頑張るしかない、と地道に練習を🎺
本番前1~2か月は週に1~2回、仕事後に子供達が通う楽器店でレッスン室をレンタルして練習、さらに家ではミュートをつけて柊と合わせの練習、と自分なりにできることは頑張ったかなと思います。

柊が作ったのは綺麗で優しい感じの曲。
今の私にはなかなかの難易度でしたが💦(ハイノートとかバテとか…)素敵に吹きたいなと思う、いい曲でした🍀

本番は部の一番最後だったので、陽の本番を聴いた後に裏に回って準備。
ラッパの永遠のテーマだと分かっているけど…バテはとても怖かったです。吹奏楽で多人数で吹く場合はキツイところは分担、という手もあるけれど今回はそういうことが一切できず。しかも自分の息子が私と演奏するために作った曲…。人前で演奏するのに緊張はしないタイプなのですが、そちらの方が心配で色々ハラハラでした💧

そんな感じで迎えた本番。
柊は緊張もあってかやや早めのテンポでスタートしましたが💦その後はポイントごとにちゃんと見てタイミングを合わせてくれていました(私は柊に背を向けて吹いているので柊を見て合わせることができないので…)

私は…色々と小さい?事故は有りましたが💦バテて音が消えることなく無事吹き切ることができました🎺

本番後

三人で無事本番を終えられて…本当にホッとして帰宅したらドッと疲れが。
その日は皆でお昼寝をしてしまいました💦

子供達、それぞれによく頑張りました✨
私は…反省点や思うことは山ほどあります。でも長いブランク後、仕事と子育ての合間に練習だったことを考えれば高望みせず、できたことを自分で受け入れたらいいのかなと思ったり。そして…自分の息子が作った曲でアンサンブルなんていう貴重な体験ができたことが何よりです。

この曲を作って演奏するまでに柊のヤマハの先生、作曲の先生、そして私のトランペットの先生に様々なことを教えていただき…柊にとっても私にとっても本当に贅沢な時間と経験でした。本当に本当に感謝です🍀

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, , ,

© 2020 Luonto Project