音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【JOC】ジュニアオリジナルコンサート2017:J専3年目

JUNIOR ORIGINAL CONCERT

先日柊のJOCがありました。
今年は創作講座を始めて受講し、今までとは色々と違う(そしてとても大変な…)年になりました。

本番までの様子

先生から創作講座のお話を聞いたのが2月。受講を決めたのが3月。そして開講が(今回のみイレギュラーで)5月。システムの先生からは開講までにモチーフを考えておく宿題が出されていました。

テーマと演奏楽器について

柊は創作講座のお話を聞く前から次回JOCでは

エレクトーンでジャズの曲を作りたい!

という希望がありました。
ですが、先生にすぐに言う勇気はなく(笑)

エレクトーンでジャズの曲を作りたいけど、先生ダメっていうかなぁ。
ピアノもちゃんとできてないのに、ジャズはもっと上手になってからって言われるかなぁ。でもやりたい…。

と家で話をしていました。

柊の先生はあれこれダメということはあまりなく、子供のことをよく見ているしやりたいことは基本的にやらせてあげようとする先生です。
が、あまりに柊があちこちに興味を持ってやりたがるので、順番にやろうね😅とレッスン中に言われたことがあり、それを気にしているのかなぁと。

そんな柊の様子にどうしようかなぁと思いましたが…。せっかく創作講座を受けるのに本人が思うことを言えないまま、本人の意向と違う方向へ進むのもなぁということで先生に私からお聞きすることにしました。その上でNGなら柊も気持ちの整理がつくかなぁと。

先生からのお返事は

音楽の先生
希望をそのまま創作の先生に話してみてください

でした。
自分としてはいいけれど創作の先生の意向もあるから、ということでした。

創作講座

創作講座はシステムの先生の稼働日を重なっているため、基本的に柊と私の二人でレッスンに行っています。レッスンは私が録音し、後日先生にお渡ししています。(創作講座にシステムの先生の付き添いは必須ではなく先生によるみたいですが、柊の先生は予定が空いていれば付き添いをしているそうです)

創作と弾き込み

ということで初回も柊と私の二人。初めてお会いする先生、どんなレッスンなのかも全く不明。きっと柊も私も緊張するだろうなぁと思い、お伝えしたいことや希望は柊が紙に書いて持っていくことにしました。

案の定、柊は緊張してあまり反応がなく。メモ書きを持って行ってよかったです💦
柊が気にしていたエレクトーンでジャズの曲はアッサリOKが出ました。ピアノ専攻でエレクトーンは買ったばかりということもお伝えしたのですが、本人がやりたいと思うことを一番に、というお返事でした。

他にも色々心配になることがありましたが、回を重ねるにつれてだんだん慣れてきて、思っていることを伝えられるようになってきました。創作の先生は若くて可愛らしい先生で、最初の緊張がなくなってきたらアッサリ懐いていました(笑)

本番直前の様子

この曲での最後の創作レッスンが11月の下旬、そして本番は12月の頭。最後のレッスンでも完成はしていなくて課題が残っており、さらに弾けないところも多々あり…ラスト一週間は本当に大変でした。
柊本人もかなりヤバイという自覚は持ったようで、早起きして練習時間を増やし、いつもは練習していない夜もエレクトーンに向かい、ひたすら弾いていました。

本番一週間前の時点で最後まで止まらないで弾くことができず、舞台の上で本当に空白の時間が流れるんじゃ…とヒヤヒヤ。先生からも演奏をエレクトーンで録音してデータを送ってくださいと言われ、先生も状況を確認してくださっていました。

ピアノの練習時間分もエレクトーンにまわし…ようやくまあなんとか、という状況まで持っていくことができ、本番の日になりました。

本番当日

創作曲

いよいよ柊、初めてソロでエレクトーンを弾く本番です。
創作講座で作る曲はやはり難易度も高く、ジャズの曲なのでリズムが少し難しかったりウォーキングベースがあったりで初めてベースを踏む柊は大苦戦でした。
さらにアドリブ後に転調してテーマに戻る部分は創作の先生といくつか試し、自ら難しい方を選択。(こっちの方が格好いいからと妥協できず。作り始めると弾けるかを考えず、いいと思うものを選んでいくので本当に後が大変でした…)
ということで、曲はとても素敵なものが出来上がったけれど、心配要素だらけでハラハラしながら見守りました…。

そんな中、柊の演奏は途中で止まることはなく、最後まで大きな間違いもなく無事終わりました。ベースはチラ見ってレベルじゃないくらい見ていましたが😅とにかく無事終わって本当にホッとしました💦

即興演奏

続いては即興演奏。
今回のJOCは自作曲の演奏だけではなく、即興演奏にも出演しました。
本番の一か月くらい前、

音楽の先生
柊くん、今年は即興演奏もやりましょう

と先生から言われました。

肝心の曲がかなりヤバイのに大丈夫なのかとても心配でしたが、先生がやりましょうと仰るからには何とかなるのかなぁと…。

レッスンや家での宿題でいくつか課題をやってから本番へ。モチーフ即興は数人で舞台に上がり、モチーフが書かれたクジを引き、そのモチーフを見て即興演奏をする、という流れ。
柊のモチーフ即興はとりあえず止まらないことを目標に、というレベルです。なので最後まで弾き切れるかを心配しましたが、なんとか止まることなく無難な感じで終わりました💦

先生がグループのお友達で順番に(創作講座を受講しているから柊がトップバッターで来年以降は別のお友達)と仰っていたのでJOCでのモチーフ即興はこれでしばらくはなさそうです。こちらも無事終わってホッとしました。

本番後

私の感想はとにかく無事終わってホッとした…でした。
先生も柊も同じようなことを話していたので、皆そんな気持ちだったようです💦

来年は直前にこんなに焦らないよう、今年得た教訓を生かしてほしいです😅

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, ,

© 2020 Luonto Project