算数・数学 算数オリンピック

【算数オリンピック】ジュニア算数オリンピック2018

算数オリンピック

ジュニア算数オリンピック参加記録

柊のキッズBEE参加が終わり、今年はジュニア算数オリンピックに初参加でした。

トライアル大会

2018.06.12投稿

すっかり柊の恒例行事になった算数オリンピック。
今年も参加してきました。

公式サイトはこちら。

今年度の特設ページはこちら。

4年生になった柊はジュニア算数にチャレンジ。
部門も変わって難しくなるし、今年こそ早めに過去問をやった方がいいんじゃ…なんて話を一緒にしたのですが、まあ今までできなかったのに急にできるはずもなく💧
とりあえず過去問は早々に購入しました。柊はときどきパラパラと見たり、気になったものを解いてみたりしていたようです。…ホントにときどきだったけど。

この過去問ですが…ずいぶん分厚く重たかったので子供には扱いづらい感じ。ということでジュニア算数のトライアルだけコピーをしました。
その後一問ずつ切り離し、解説ページに正答率が載っていたので目安に、とそれを問題番号の横にメモ。パッと見で何となくジャンル分けして(図形とか整数問題っぽいとか…)柊に渡しました。

この作業をしたのがトライアルの1か月前くらい。柊はそれをぼちぼち解いていたようですが…様子を見てる限りでは本当にぼちぼちな感じでした。
さすがに前日の夜(日中はヤマハレッスンのため)と当日の朝はまとまった時間を作ってやっていましたが、それまでは何かの合間に…みたいな時間ばかりでした。

キッズBEEまでは、本人任せとはいえ私も一応過去問はサラッと目を通し、どんなものかはザックリ把握していたのですが、今回はコピーした際にサラッと見てジャンル別にした後は問題を見ておらず。柊が見て見て~と持ったきたものをいくつか解いたくらいでした。なので柊が通過できそうかどうかが全く分からない状態💦

本人は相変わらず呑気で、前日でも

見てみて~この問題面白いよー

とか

正答率50%って書いてあるけどわかんない!難しいねぇ

とか

おぉ!正答率5%って書いてあるけど解けたよ!柊ちゃん凄くない!?

なんて言っていて何やら楽しそう…。

焦ってできるだけ問題を解くとか、解法を覚えるようにするとか、そういう発想は今年も一切ない様子だったので、割と本気で

Kaori
今回は0点もあり得るかな…

と思ったりもしていました😓

毎年どこまで声かけしたらいいかな、と悩むのですが…。
うちの場合、算数オリンピックは「柊が算数が大好きだから参加する、楽しいお祭り」なので、結果がどうであれ本人任せでやっていければいいかなと考えています。
まぁそうは言ってもファイナル進出が続くとやっぱり今年もできれば…と思うし、正直ハラハラしたり少し手を貸した方がいいのかな…と思ったりもするのですが(笑)

そんな調子で迎えた試験当日。柊を送り届けた後は陽との待ち時間です。
今年はお天気が良くなかったので本屋さんに行って陽が好きな電車の本を買い、近くのお店でお茶して待つことにしました。

時間になって迎えに行くと柊が参加賞を片手に階段を降りてきました。
そして今年はこれだよーとアルゴの本を見せてくれました。

Kaori
(試験)楽しかった?

と聞くと

うん!最後の1問だけ分からなかった

という返事が。

…うん。いつも出来たって言うよね、柊。でもキッズBEEじゃなくてジュニア算数だよ?…と思っていたらそれが私の顔に出ていたらしく

ホントにできたって!
分からなかったのが1問。絶対できてるって言えるのが3問。
残りは絶対とは言わないけどちゃんと分かってこうだって思って書いたよ!

と言われました(笑)
今年も答え合わせ!と言って駅までの道で問題用紙を見せようとしていたのですが、雨なので帰ってから!と制止して駅までの道を急ぎました…。

その後、電車の中で問題用紙を出して解説をし始めたので

Kaori
いや…帰ってからでいいよ。難しくなってパッと分かんないだろうし…。

と言ったら

えー?なんで?やろうよ!

と何度も誘われました…。

柊にとってはなんで?面白いのに!っていう感じなようです。
算数は嫌いじゃないけど、柊のような算数愛はないし…算数オリンピックの時はいつもこんな感じです(笑)

翌日、調べてみたら解答速報を出しているサイトを見つけたので柊と自己採点をしたところ、問題用紙にメモした通りに書いてきていれば、3問落としの68点でした。通過ラインが分からないので何ともですが…ちょっと期待してもいいのかなぁって2人で話しました。
試験前の様子を見る限り、キッズBEEとはレベルが違うので本当に0点もあるんじゃ…と思っていたので内心この結果にはビックリ。私が思っているより成長しているんだなぁと実感した日でした。
後はドキドキハラハラしながらの結果発表待ちです。

トライアル大会の結果

2018.06.22投稿

ジュニア算数オリンピック、トライアルの結果がメールで送られてきました。

試験直前でも相変わらずな柊の様子に、今回は0点もあるんじゃ…とわりと本気で思っていたのですが。自己採点の結果は予想外に良く68点。でも通過ラインは全く予測できないので、ドキドキハラハラな日々を過ごしました。

今年は金曜日の発表でしたが、今までは火曜日には発表になっていたので

まだ3日もあるよー!気になるー!

と、火曜の朝に悶々としていました(笑)

19時発表とあるけれど例年17時頃にはメールが来て発表になっていたので、仕事帰りにそろそろ来るかな〜と思っていたら…やはり17時過ぎに結果が。

柊の点数は自己採点通りの68点。
トライアル通過基準は67点。
ギリギリで無事トライアルを通過!今までで一番のギリギリラインにヒヤッとして、ホッとしました💦

学童に迎えに行くと、私が結果の話をする前に

あと40分だねぇー

と言ってソワソワしている柊。(この時18:20頃)

いやいや、毎年もっと早く結果見てるじゃん…と思いつつ

Kaori
…毎年17時くらいに結果出てるよね

と言うと

えっ!?そうだっけ?

と表情が変わり、

結果見たい!!!

とキラキラした顔で私がスマホを出すのを待っていました(笑)

そして自分の点数と通過ラインを見ると

やったぁー!!!

と、グリコの絵の人みたいなポーズで走って喜んでいました💨

帰宅して荷物を置いたらケーキ屋さんへ。
通過してたらお祝いしようねと話していたのです。それぞれ好きなケーキを選んで買い、お店を出ると…

このケーキ屋さんの前でも記念の写真撮りたい!

と勝手にポーズを取っていました📸

夕食後にささやかですがお祝いをしました。

Kaori
いやぁ…本当によかったね
うん!よかったー!危なかったよねぇ…
本当に嬉しい!
柊ちゃんすごいねー!柊ちゃんが凄いから、陽ちゃんたくさんケーキ食べられるねぇ

なんて話しながら(笑)

寝る前でも興奮が冷めなかったようで

発表当日の嬉しい顔は今しかもう撮れないんだよ!撮ってー

と満面の笑みでポーズを取っていました😅

この写真を大人になってから見る日が来るのかな。
きっと昔の自分に苦笑いしちゃうだろうな〜なんて思いながら撮りました。

去年、キッズBEE最後のファイナル大会の帰り、もう二度と来られないかも…と言いながら、オリンピックセンターでたくさん記念にと写真を撮りました(笑)それが、本当に再び行けることになるなんて。

柊の目が一番輝き、生き生きするのがこの算数オリンピックのファイナル大会。
そんな柊を今年も見ることができることになり、とても嬉しくて、楽しみです🎶

ファイナル大会

2018.07.23投稿


ジュニア算数オリンピック、ファイナル大会へ参加してきました。

毎年陽も一緒に行き、お散歩したりアイスを食べたりして待っていました。
今年も同じ予定でいたのですが、連日の猛暑と待ち時間が長くなったことを考え…おじいちゃんとお留守番していてもらうことにしました。

やっぱり今年もヤマハの課題に手一杯で、結局過去問にはそれほど手を付けず。
ときどき隙間時間にやっているっぽい姿は見かけて…あとは当日の朝、出発まで過去問をやっていました。

会場に向かっているときにはTwitterにも少し書いたのですが

ということで相変わらず焦るとか、できるだけ問題を見ておこうといった発想はない様子の柊💧

駅からオリンピックセンターまでの道は毎年暑い~!と思いつつ歩くのですが…今年は特に暑かったです。柊はハイテンションなので元気そうでしたが、私は会場に着く前にグッタリ。

到着前に去年と同じように認定証の台紙の色の話も出て…去年は台紙に年号が入っていなかったので、今年も同じで中だけ違うんじゃない?という予想になり…予想通りでした(笑)

教室は予定と変更になったそうで、ジュニア算数は一階。
教室に入れる時間になったら柊とお別れして私は2時間待ち。
何していようかなぁ…と思っていたら、ツイッターで知り合った方から隣のカルチャー棟で同じ時間帯に演奏会があり、それに出演するのでよかったら…というお誘いが。ということで私はそこで時間を過ごすことにしました🎶

柊にはお別れ前に

Kaori
隣のホールで演奏会があるからそこにいるね~。
ジャズピアニストさんが来てピアノコンチェルトをやるんだって!

と言ったらとても羨ましがられました(笑)

演奏会が終わって、柊と決めていた待ち合わせ場所に行くとまもなく元気に柊がやってきました。混雑しているのでまずは外に出て、恒例の場所で記念撮影。
今年はこのポーズがいい!と満面の笑みで撮影をリクエスト。…でも周りに見られる恥ずかしさはあるらしく

早く撮って!

と言われ、撮るとササッとこの場所を離れていました(笑)

その後は入り口まで行ってアイスタイム。
待ち合わせ場所で合流してからずっと問題について語っていた柊ですが…アイス片手に席に着くと

じゃあ(席について落ち着いたから)一緒に解こうね!
(自分が)分かんなかったやつやってみて!

とにっこりしているので

Kaori
いやいや、暑いし疲れてるし…。
だいたい柊が解けなかったものを私が解けるわけないじゃん…。
家に帰って涼しいところで落ち着いて考えてみるよ…。

と答えました😅

そしてジュニア算数になると途中に休憩があるみたいだけど、どうやって試験をやるんだろうね。問題は前後半で分かれているのかな~なんて話を事前にしていたのですが、


こんな感じで問題自体が半分になっていて、前半が終わったら前半の解答用紙は回収されたと話していました。試験は本人の話では

トライアルの時にエイトクイーンの問題が出てたでしょ!あとサイコロ。
それがなんとエイトクイーンが○○マスで、サイコロが○○個で(←数字を言ってたけど私が覚えられず)パワーアップして帰ってきていたんだよ!!(となぜか嬉しそうな様子)

あとはね、問題4と8は分からなかった!
試験が終わった時に周りで話してた人がいたけど、4と8は分からなかったって言ってた人が何人もいたよ。配点も14点だもんね~。
(ちなみに柊は、毎回自主的に解答用紙にある配点を問題用紙にメモしてきています。そしてメモした配点を覚えてきてもいるようです。)

問題5はミスした。問題文をちゃんと読んでなくて、もう間違ったって分かってる。
問題2は自信ない。
だからよくても○○点(←ここでも点数を言ってたけど覚えてません…)だね!

って感じだそうです。

アイスを食べた後の帰り道。やっぱりテンションが高くて頭の中は算数モードが止まらないらしい柊。面積問題やデジタル数字を使ったパズル、マッチ棒クイズ等々…次々に自作問題を出題されるのですが、とにかく暑くて疲れて私の頭が働かず。
疲れてノリがいまいちな私に

なんで~?一緒にやろうよ~
楽しいよ!じゃ、一問だけでもいいから!

と食い下がる…。

こんな感じ。一問付き合ったけどすぐに次が出題されました…。

まあそんな様子で、今年もとても楽しかったようで何よりです。本当に暑くて、それだけで疲れてしまい私はグッタリでしたが、柊は終始元気でハイテンションでした。

このキラキラした顔を見ると、ファイナルに来たんだな~と実感します(笑)
来年もまた、ここに来られるといいね。

ファイナル大会の結果

2018.07.24投稿


ジュニア算数、ファイナルの結果が出ました。

解答発表時に自己採点した通り、3/8問正解で平均まであと1問という辺りでした。
落とした5問は歯が立たなかったもの、一応書いたけど自信なかったもの、凡ミス、数え間違い、惜しかったもの(計算メモには正解にたどり着いていたけれど本人が解答と気付けず)
と様々でした。

柊は毎年ファイナルには参加できるものの、入賞には程遠い子なので(準備もあまりしないし…)ファイナルは本当にお祭り気分で目一杯楽しんで来ています(笑)
ジュニア算数になって難易度がグッとあがり…本当にどうなるやらと思っていましたが、今年もなんとかファイナルに参加することができ、この日を満喫することができました。

帰るときには去年と同じように

来年はもう来られないかもしれないから、いっぱい記念撮影する!

と自分のカメラであちこち撮影していました📸

来年は再びジュニア算数。結果はどうなるか分かりませんが…。
参加することは間違いないと思うので、今まで通り本人が納得する形で参加してくれたらいいなと思います。

ファイナル大会の結果

2018.09.23投稿



これが届くと今年の算数オリンピックも終わったんだなぁと実感します。

今年からジュニア算数になり、トライアルでは本気で0点もありうるかな…と思ったりもしましたが、無事トライアルを通過し、柊はファイナル大会を満喫してくることができました。

結果報告書、今年はこんな感じでした。
ジュニア算数(小4〜5)は国内で1800人参加、海外組は100人いないくらい。(中国は国の政策で参加できずとの記載がありました)ファイナルへ進んだのは300人弱。4年生はその中で70人強。
よく入ったなぁ…というのが正直なところ。通過ライン+1点というギリギリだったので、来年は本当に未知ですが…。

柊にとってこの算数オリンピックは年に一度の本当にワクワクするイベントだそうなので、あまり色々考えず、来年もまた一生懸命楽しんでくれたらいいなと思います。

\ この記事の評価はどうですか? /

-算数・数学, 算数オリンピック
-,

© 2020 Luonto Project