音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【入賞者記念コンサート】2017:J専2年目

入賞者記念コンサート

先月末に柊の入賞者記念コンサートがありました。

本番当日までの様子

先生が選んでくださったのは柊が好きな感じの曲でした。(柊は明るく元気でジャズっぽい曲がいいなぁと言っていたのでその意向を汲んでくださったそうです)

直前まで(というか当日も…)テンポをあげると崩れてしまう、けどゆっくり弾くとこういう曲じゃない💧となってしまうので、そうもいかず。当日も時間ギリギリまで練習してから向かいました。

当日の様子

本番前まで

コンクールではないので結果とか通過といったことは考えなくていいので親も気は楽でしたが、今回はテンポを落とさないで弾いたら途中で止まってしまうかも…弾き切れないかも…と密かに心配だったので、その点でハラハラでした💦

この日は同じグループのお友達はいないものの、同じグループのエレクトーン専攻のお友達のお兄ちゃんが一緒。なので同じグループのお友達、そのお兄ちゃん、ママと一緒で柊も楽しそうでした。初めてのイベントということもあり、私も知っている人がいると安心するので柊も同じだったと思います🍀

本番前は着替えて舞台裏までの行き方を確認すると、お友達とおしゃべりしたり少しだけ探検したりといつも通りな感じでした。
そして開演時間。舞台裏へは先生と一緒に行きました。
平日なので時間によってはレッスン等と重なると引率できないかも…とのことでしたが、プログラムが出た後に柊の時間は大丈夫なので行きますと仰ってくださいました。

柊が出てくると私もドキドキ。というかハラハラ。上手にというより、止まらず今の本人なりに頑張って、できれば少しは楽しんで弾いてくれれば…という心境でした。
本番の演奏は…もちろん色々とまだまだ感はたくさんありましたが、途中で止まることもなく集中して最後まで頑張っていました🎹

戻ってきた柊に後で話を聞いたら一応本人なりにホールやピアノがいつもと違う、楽しかったとのことでした。

Kaori
舞台裏で先生と何か話したの?

とも聞いてみたら

「コンクールじゃないから楽しんで弾いてきて」って言ってた

と言っていました。

本番が終わって席に戻ってきた柊はしばらくグッタリしていましたが(笑)その後復活して演奏を聴いていました。

柊より後に本番だったお友達のお兄ちゃんの演奏も一生懸命聴いていました。さすが二学年上のお兄ちゃん。柊より上手なのはもちろん、しっかり堂々とした様子で弾いていてかっこよかったです🎶二人の本番が終わってとりあえず一安心でした。

本番後

この日は平日だったので陽は保育所へ。おじいちゃんは柊のところだけ聴きに来てくれて、その後は陽のお迎えをして面倒をみてくれることになっていました。

というのも柊は今回聴いてみたい演奏があったから。柊が一度演奏を聴いてみたいと言っていたお兄さんの名前がプログラムの最後の方にあったのです。

遅くなってもいいから最後までいて聴きたい!

というのでおじいちゃんに陽をお願いすることになりました。

お友達とそのお兄ちゃんは本番が終わり、しばらく聴いた後に夕方予定があるからということでここでお別れ。柊は本番でエネルギーを使い切った上にずっと夜まで聴き続けはさすがに大変かなぁ、と途中抜けて食事や買い物をしてから再び戻ってきました。

この日は天気が悪かったうえに寒かったので戻ってきたときにはだいぶお疲れモードの柊。無理しないで帰ってもいいよ?とも言ったのですが、聴いてみたい、というので再び客席へ。暖かくて暗めなホールで途中眠そうにしていましたが、聴きたい!という感じは伝わりました(笑)

柊のお目当てのお兄ちゃんはもちろんのこと、最後の方に出てくる人たちは別世界な感じでした。(プログラムのこの辺りに出てくる人たちは常連さんって感じなんですよ、とお友達のお兄ちゃんの先生が仰っていました)

自分の世界、表現したい世界っていうのが伝わる感じで中学生や高校生には見えない、もっとずっと大人に見えました。テクニックとか表現とかの難しいことは私には全く分からないけれど、こんな世界があるんだなぁと新しい世界を見た気分。コンクールじゃない分、こう弾きたい!っていう感じで弾けるから?なのかなぁ。
帰り道は半分寝ている状態の柊でしたが、すごかったねぇ…と言っていました。

また参加することができるのか、もう二度とご縁がないのかは分かりませんが…またここに来られる日が来たら、今回よりも余裕をもって弾いて、楽しんでくれるといいな。そして親はもう直前までハラハラしないで聴けるようになっていたいです💦

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, ,

© 2020 Luonto Project