音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【ヤマハグレード】ピアノ6級Bコース:J専4(新5)年目

ヤマハグレード試験

柊のグレード試験が終わりました。
今回もハラハラな受験となりました…。

試験までの様子

今年も例年通り、演奏曲はいまいち、初見演奏はヤバイ、即興は考え考えになってしまう、聴奏はまあ大丈夫かな?という感じでした。

一番ヒヤヒヤしたのはやっぱり初見。でも本人にはあまり危機感がなく。先生から

音楽の先生
これじゃダメだよ!

と言われ、ようやくスイッチが入る流れが恒例です。
今回も試験前の一か月、バタバタと準備をして不安が残るまま当日に…。

グレード試験当日

柊が試験を受けている間、外で待っていましたが音はあまり聞こえず。自由曲だけ少し聞こえるかな~という感じでした。今回柊が弾いたのは

柊の選曲

  • シューマン 楽しき農夫
  • インヴェンション 第1番 BWV772 ハ長調

レッスンでは毎回色々な注意や指導が入り、どうなるやら…でしたが、(音漏れで少々聞こえる範囲ですが)本番が一番良い感じで弾けていたかなという印象でした。よかった💦
その後は全く音が聞こえなかったので分からずでした。

柊が出てきた後に話していた内容はこんな感じでした。

自由曲はどっちもよく弾けたよ!試験官の先生からは「インベンションは一声ずつ掛け合いが聴こえて良かった。農夫はリズムとテンポがよくて、乗って弾けていたのが良かった」って言われた!

初見演奏はホ短調で4/4拍子の曲だった。
一か所和音がよく分からないところがあって、それで混乱して右手を間違えちゃったけど、止まらないで弾くのはできた。
試験官の先生に言われて、間違えたところだけもう一度弾いて、そのときはできたよ!

即興演奏はへ長調で6/8拍子の曲だった。
止まりかけたけど一応止まらずに弾けたよ。
試験官の先生からは「考え考え弾いている」って言われたのと、「その和音付けは間違いじゃないけどこの方がいい」って言われたところが一か所あった。でも間違ってはいないんだけどなぁ…。
あとは「和音付けは色々な調に慣れた方が良い」って言われた。

最後の聴奏は変イ長調で4/4拍子の曲だった。
一回間違えて弾き直しになったところがあったけど他はできた!

そしてひとしきり語った後に

まぁ落ちてはいないと思う

という総評をしていました😅
落ちなけりゃいいってものじゃないのだけど…まあとりあえず終わってホッとしました。

グレード試験結果

2019.05追記

グレードの結果が返ってきました。
今回からABC~ではなくスコア表示になり、先生からは今までよりシビアに結果が出るよと言われていました。どうなるやら…とヒヤヒヤしましたが、思っていたより良くてホッとしました😅

これで無事6級まで取得することができました。
この先はどうなるか分かりませんが…ここまで来られてよかったです🍀

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, ,

© 2020 Luonto Project