音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【システム発表会】2017:J専2年目&おんがくなかよし

システム発表会

ヤマハのシステム発表会がありました。
今回は兄弟同じ部でした。この発表会は陽は2回目、柊は5回目の参加です。

陽の発表会

プログラムが先だったのは陽の方でした。
今回はおんがくなかよしコースで保護者とお歌を歌いました。

ちなみに柊のときは赤りんごコースの参加はなかったので、このおんがくなかよしコースのときが初参加。

【システム発表会】2013:おんがくなかよし

システム発表会 昨日、柊の発表会がありました。 ぽぽちゃんはまだお腹にいてくれて、無事見に行くことができました。 柊は今年はエレクトーンではなく歌での参加。親子でステージに上がり、一緒に振付をしながら ...

この陽の発表と柊の発表までの間があまりなく…本番後に写真を撮って戻って柊の本番の動画を、となるとバタバタになりそう。ということで陽はパパと参加し、私が本番の動画を撮ることに専念することになりました。

陽はJOC以来、一か月ぶりにパパに会って嬉しそうな様子。
本番は少し緊張しているかな?という感はありましたがちょいちょい周りを様子見しつつ…頑張っていました🍀しっかりお辞儀もできて陽の出番は無事終了。

柊の発表会

続いて柊の本番。
今年も他のグループとの合同はなく、演奏するのは昨年EFで演奏したのと同じ曲。本番ギリギリで追い上げてなんとか乗り切った曲です💦

【EF】アンサンブル2016 参加記録:J専2年目

ELECTONE FESTIVAL EF(エレクトーンフェスティバル)アンサンブル大会参加記録です。 Contents1 楽器店大会1.1 楽器店大会1.2 楽器店大会の結果2 地区ファイナル大会 鑑 ...

この後しばらく弾いていなかったのでレッスンで再開した頃は忘れていたところも多かったようですが、レッスンの録音を聞いている感じだとその後だんだん合うようになってきていました。
レッスンでとりあえず大丈夫そうに思えたことと、先月はJOCがあったので家であまり弾いていなくても特に声をかけなかったのですが…甘かったです💧

本番当日の様子

参加したのは夕方から開始の部だったのですが、この日の午前中に暗算の試験が入ってしまっていました。なので朝一番でそろばん塾行き、練習した後会場へ。試験を受けて昼頃に帰宅した後、最後の練習をしてから発表会の会場へ、という流れでした。

その帰宅後の最後の練習で問題が。通しで弾くと、要所要所で入るところを間違う柊。
曲の調子が全体的に同じ調子で続くので同じメロディーを繰り返すのか、場面が変わるのかを間違いやすいのは分からなくはないのですが…。
柊はメロディ担当だったので間違うとものすごく目立つパート。個人の発表会でのミスならともかくアンサンブルでは他のメンバーに迷惑がかかってしまいます。

聞いている私は焦るし、弾いている柊も(疲れていたのもあると思いますが)集中できない感じ。ヤバイかも…という状態が続き、最後になんとか間違えずに弾いてバタバタと会場へ。

到着後にグループのお友達と合流した後は楽しそうにしていました。が、いつもより落ち着きがないような。やっぱり試験の後に、焦って練習してから会場へ来たので本調子ではなさそう。と不安になりつつ開演時間を迎えました。

本番

陽が無事終わってホッとしたのも束の間、柊が舞台に出てくるとドキドキハラハラでした。準備はすぐ終わり、すぐに照明が明るくなって演奏開始。

スタートから数小節進んだところで…柊がくるっと後ろを向いて舞台袖に向かって小さく手をあげました。
え…!?っと思っているとそれを何度か繰り返す柊。
すると照明が暗くなり、先生が慌てた様子で出てきて演奏をストップさせました。ビックリして状況がすぐに理解できなかったのですが、見ている感じでは柊がシークエンスのボタンを上手く押せなかった様子。

先生が柊の両肩に手を置いて何やら話をした後に、皆のエレクトーンを何度も回って確認。その後再び柊に何か声をかけて舞台袖に戻りました。

再び照明が明るくなり、演奏開始。
また何か起こるのでは…とビックリが収まらない上にハラハラしながら見ていると、今度はボタンをちゃんと押せたようで無事演奏できていました。直前に練習して間違え続けていた箇所も、無事間違えることなく演奏できていました。

この状況から気持ちを持ち直して、ボタン操作を再び間違えることはなく演奏も無難な感じでミスなく終えられたことはホッとしたし成長だとは思います。が、先生やグループメンバー、周りの方々に迷惑をかけてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいでした…。

エンディングはジュニア科以上の子供たちがマイフレンドを歌い、発表会は終了。
歌はグループのお友達と元気に楽しそうに歌っていました。

本番後

本番後に柊に話を聞いたところ、やはりシークエンスのボタンを上手く押せなかったとのこと。押したと思ったら押せていなかった、とのことでした。
舞台の上で先生に何を言われたの?と聞いてみたら、最初は「集中して!」と言われ、最後は「次は大丈夫だからね!」と言われていたそうです。

グループのお友達もそのママたちも気にしている様子は一切なくて、そんなこともあるよ、次は我が身かもしれないし、と温かい言葉をかけてもらって有り難いやら申し訳ないやら…でした。

ロビーに出て皆で集まり話をしていると、先生が私たちを見つけて来てくださいました。
先生の顔を見た瞬間、思わず「すみません!!」と柊に話をさせる前に謝ってしまいました…。

先生は怒ることもなく、いつものようなノリで、も~!と言うこともなく柊に色々と話をしてくださいました。

音楽の先生
ボタンを押せなかったと気づいたときに、すぐにちゃんと(先生に)合図を送れたことはよかったよ。
(そのまま進んでいたら大変なことになっていたから、とも)
ミスは誰にでもあること、起こりうることだからそれを責めてはいないよ。
ただ、疲れていたり緊張していたりするのは誰もが同じだからそれは理由にはならないよ。

そして他のお友達にも今回はたまたま柊だったけれど次は自分かもしれないと考えてね、等々。保護者には今後その辺のこともレッスンで話していこうと思っていますので、と仰っていました。

先生に直前の練習で弾けなくてバタバタで会場に来た話をしたら

音楽の先生
(本番前に)舞台袖に来た時から確かに落ち着きはない感じではあったんですよね~

と苦笑いしていました。さすが先生、柊の様子を察知していたようです。

グループみんなで記念撮影をした後は陽も先生と写真を撮ってもらい、会場を出た後は久しぶりにパパに会ったからと外食。帰宅したときにはさすがにグッタリでした。

今回の件は親も反省し勉強になりました。本番が近くなってきたときの過ごし方(←子供を信じすぎて油断しない、とか💧)、直前の練習での声のかけ方等々。
EFで一度弾いている曲なので今回の発表会は今までより気楽に聴けるかなぁなんて思って、ママたちともそんな話をしていたのですが…甘かったです。

色々なことがあった長い一日でしたがなんとか終わって本当にホッとしました💨

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, , , , ,

© 2020 Luonto Project