音楽 ヤマハ音楽教室の記録

【システム発表会】2016:J専1年目&赤りんご

システム発表会

ヤマハのシステム発表会が終わりました。今年は初めて兄弟での参加です🎶

柊の発表会

最初は柊の番でした。柊はエレクトーンのアンサンブルと最後にジュニア科以上の生徒が参加するにじいろのうたの2つに参加。

エレクトーンのアンサンブルは他のクラスとの合同はなく柊たちのグループのみ。年末最後のレッスンで最後まで楽譜をもらいました。レッスンを見ている感じでは本番までに間に合うのか??と親たちはハラハラ。

年が明けてから2か月弱。途中補講等もあり、みんなそれぞれの頑張りもあり、本番前にはおっ?本番大丈夫かも?という感じになりました😅
とはいえ本番はやっぱり心配。親たちがドキドキハラハラする中で本番が始まりました。

そんな本番は…ミスタッチはありましたがそれよりも皆が真剣に、そしてお互いに合わせようとしながら弾いているのがよく伝わり、素敵な演奏でした🎶演奏後に全員でお辞儀をしたときには子供達を褒めたい気持ちでいっぱいでした。

演奏後の子供たちは終わった!という解放感にあふれた表情で「間違っちゃったー!」と、それぞれが間違ったところを語り合って盛り上がっていました💦

いやいや、とても上手だったしいい演奏だったよ!と声をかけました(笑)
先生もにっこり笑顔で褒めてくださいました。そして早速

作曲の先生
次はグレード試験だからまた頑張ろうね~

と声をかけられていました。さすが先生…。

柊の出番は無事終わって一安心。そしてお昼を挟んで次は陽の出番。

陽の発表会

陽、いよいよ初めての発表会。だったのですが。
午前中に柊が出演した部をフルで見て帰宅後にたっぷりお昼を食べ、再び会場に戻ってきたときには眠そうな様子💧心配でしたが一緒には座れないので(出演者は別席なので陽とパパだけ一緒)パパにお任せしました。

空席が少なく、陽たちの近くには座れなかったので舞台に出てくるまでその後どうなったかがわからず。ハラハラしましたが、本番はちゃんとパパと手をつないで歩いて登場しました。

3月生まれの陽は一緒に出演しているお友達よりも(身体は負けていないけれど)やっぱりまだ小さい。ちゃんと歌えるかな?とか途中でぐずらないかな、等と心配は色々ありましたがそんな心配はいらなかったようです。
陽は少々緊張しながらも元気に歌を歌いながらお友達と一緒に手も身体もよく動かしていました。最後まで頑張り、パパと手をつなぎながら退場。

頑張ったねー!という気持ちと2人とも無事終わった…という安堵で私がぐったりでした😅後からパパに話を聞くと、舞台裏で目を覚ましてずっといい子にしていられたとのこと。

終了後は先生と一緒に記念撮影。陽はニコニコでした(笑)

そして一緒にいた柊に先生が「柊くんたちの演奏、先生も聞いていたよ。とっても素敵だったよ!」と声をかけてくださいました。柊はちょっと照れて、でも嬉しそうでした。
こうして担当の先生でない方からも声をかけてもらえるのは私も嬉しかったです。

舞台に立つのを楽しみにしていた陽。楽しい思い出ができてよかったね。
DVDが完成するのが楽しみです🎶

\ この記事の評価はどうですか? /

-音楽, ヤマハ音楽教室の記録
-, , , , ,

© 2020 Luonto Project